“カーオーディオの歴史はロックフォードで始まった”

Rockford Fosgateはアメリカ・アリゾナ州テンピに1979年会社設立以来、カーオーディオのリーディングカンパニーとして君臨してきました。その歴史は創設者ジム・フォズゲートが1973年に世界初の車載用高性能アンプを発売することから始まります。

ジムは車室内でホームオーディオのようなリスニングルームを実現させるために日々開発に没頭し、同年には銘機となった「PUNCH EQ」を発売。
それは誰もが驚愕するパンチの効いたサウンドだったことから“PUNCH”とネーミングされ、現在の製品にも使用されています。

その後もTRANS・nova(トランス・ノヴァ)、TOPAZ(トパーズ)を代表とする多くの特許技術を生み出し、多くの製品に採用しています。
多くのオーディオファンを魅了する“Rockford Sound”は各自動車メーカーにも高い評価を受け、TOYOTA・MITSUBISHI・NISSAN・SALEEN・HUMMERのプレミアムオーディオとして正式に採用されるなど“信頼の音響ブランド”として支持されているのです。